その他,【ハードレンズ用】オルソケラトロジーレンズ対応,(オフテクス)【あす楽】,756円,/infamiliarity241059.html,zhanghongmn.com,レンズケース付きクリアデューO2セプト 756円 【ハードレンズ用】オルソケラトロジーレンズ対応 レンズケース付きクリアデューO2セプト (オフテクス)【あす楽】 その他 ハードレンズ用 オルソケラトロジーレンズ対応 レンズケース付きクリアデューO2セプト あす楽 高級 オフテクス その他,【ハードレンズ用】オルソケラトロジーレンズ対応,(オフテクス)【あす楽】,756円,/infamiliarity241059.html,zhanghongmn.com,レンズケース付きクリアデューO2セプト ハードレンズ用 オルソケラトロジーレンズ対応 レンズケース付きクリアデューO2セプト あす楽 高級 オフテクス 756円 【ハードレンズ用】オルソケラトロジーレンズ対応 レンズケース付きクリアデューO2セプト (オフテクス)【あす楽】 その他

ハードレンズ用 定価 オルソケラトロジーレンズ対応 レンズケース付きクリアデューO2セプト あす楽 高級 オフテクス

【ハードレンズ用】オルソケラトロジーレンズ対応 レンズケース付きクリアデューO2セプト (オフテクス)【あす楽】

756円

【ハードレンズ用】オルソケラトロジーレンズ対応 レンズケース付きクリアデューO2セプト (オフテクス)【あす楽】









近年、コンタクトレンズ装用者における感染症が増加しており、ハードコンタクトレンズ装用者に おいても感染症は発生しています。 新しく認可され、普及が進んでいるオルソケラトロジーレンズも、その特殊な装用パターンから学会等でも感染症が問題視されています。
ハードのレンズケースは、長期間使用されることも多く形状も複雑なため、
汚れや菌がたまりやすくなっています。ケース内の菌はタンパク質等の汚れを餌として増殖する上、
ケース内に付着してしまった菌は死ににくく、レンズを介して眼に移り、眼感染症を引き起こす恐れがあります。




ケース内に菌(緑膿菌・セラチア菌)を付着させて各ケア剤に4時間浸漬。その後、ケースに培地を入れて生き残った菌を培養し、生菌数を測定しました。グラフ下の写真は左が緑膿菌、右がセラチア菌培養後の写真です。各従来製品は緑膿菌やセラチア菌が生き残っており、緑膿菌の緑色、セラチア菌の赤色を呈しているのに対し、O2セプトは培地の色のままとなっており、高い除菌効果を発揮していることが分かります。




タンパク汚れを付着させたハードレンズを各種O2・ハード用1本タイプでケアした後、残存するタンパク汚れを赤く染色し目視にて洗浄効果を評価しました。脂肪汚れを付着させたレンズを各種O2・ハード用1本タイプでケアした後、残った脂肪量から除去率を算出して洗浄効果を評価しました。







O2セプトで使用方法通りケアを行い、ケースのふたを閉めたまま常温(15~25℃程度)で保存してください。
レンズ装用を再開する時は、水道水でよくすすいでから装用してください。
※O2セプトの液剤のみでレンズを保存しないでください。
※1ヶ月以上保存する場合は、1ヶ月に1回はO2セプトでケアを行ってください。

レンズの汚れには個人差があり、毎日のレンズケアだけでは汚れが完全に除去できない場合があります。
汚れのひどい方は、別途タンパク・脂肪除去剤(バイオクレン アクティバタブレット)や、
洗浄クリーナー(バイオクレン ミクロン)を使用してください。
※これらのケア剤の使用後は、レンズを水道水で十分すすぎ、ケア剤を洗い落としてください。ケア剤の成分がレンズに残っていると、本品の除菌・洗浄効果を弱めたり、レンズの変質を招くおそれがあります。




※オルソケラトロジーレンズをご使用の方は、専用レンズケースを使用してください。
使用期限はコチラからご確認下さい

オフテクス O2SEPT オーツーセプト

【ハードレンズ用】オルソケラトロジーレンズ対応 レンズケース付きクリアデューO2セプト (オフテクス)【あす楽】

「今日の臨床サポートⓇ」6つのポイント

わが国の臨床現場に最適化した
意思決定支援ツール

臨床現場における迅速な意思決定を支える、検索機能、簡潔な記述、読みやすいレイアウト。情報入手にかかる時間の削減。

エビデンスベース

国内外のガイドラインやエビデンスを徹底的にレビューし、引用文献を明示。同等の検査・治療が複数存在する場合、有効性だけではなく患者への負担等も考慮した上で優先順位づけ。

最新の情報

国内外ガイドラインの更新、重要なエビデンスの発表、新薬の承認などを編集部が毎日モニターし、タイムリーにアップデート。

多職種で利用可能

医師、看護師、メディカルスタッフなど職種間の知識共有により、タスクシフティングに貢献。

いつでもどこでも

電カルはもちろん、パソコン、スマートフォン、タブレットからいつでもどこでもアクセス。

Made in Japan

国内の各分野を代表する1,400人の臨床医による書き下ろし。国内の適応症・用法用量に基づいた処方例をはじめ、わが国の医療制度に準じた記述。

日常の診療を十分に網羅する豊富な情報を収載

① 各臨床レビューのトップには、概要と格付け済の推奨が簡潔にまとまっており、必要な情報を素早く確認することができます。
② マークをクリックすると、診断や治療の大まかな流れをフローチャートで素早く確認することができます。
③ マウスオーバーで薬剤情報と処方に関する要注意情報を参照できます。 ( 腎:腎機能低下の患者、 肝:肝機能低下の患者、 妊:妊娠中の患者、 乳:授乳中の患者、 児:小児患者 ) クリックすると薬剤情報にリンクします。ジェネリックを含む全ての治療薬情報や添付文書が参照可能。 全ての治療薬情報は毎月更新します。

診断アルゴリズム

意思決定のフローが一目で理解できる豊富な「診断アルゴリズム」を収載しています。

約1,300の検査情報

約1,300の検査情報を収載。診療報酬点数情報や臨床検査意義も参照可能です。

エビデンスリスト

PubMedへのリンクも付いた、推奨度付きエビデンスリストが参照可能です。

ジェネリックを含む約22,000の治療薬情報

約22,000の治療薬情報は毎月更新されます。約14,000の添付文書もPDFで参照可能です。

診療報酬点数情報

最新の診療報酬点数情報が参照可能です。

患者向け説明資料

各疾患に関する患者向け説明資料を1ページにまとめています。

プリントアウトして患者さんにお渡し頂けます。